●注文をして家を建てることとは
注文できるということは思い通りの間取りや内装・外観を好きなようにできることです。
何事においても同じですが注文することの知識がなければ何を注文できるのかが分かりませんね、ですから頑張って情報収集や知識をある程度身に付けることで、その家族に会った暮らし方に最適な間取り、お気に入りの空間は実現するのです。
今までは家に合わせて生活していたのですが今度は生活に合わせて家を注文するのです。
●どんな情報と知識が必要?
家を建てる知識は専門家でなければ分からない部分が沢山あります。
まず信頼して相談できる方を見つけるのもひとつの方法です。
家の構造関係等は専門家にお任せしても間取りや内外装のデザインは勉強すればある程度は分かってきます。
図書館や雑誌等から見てみましょう。注文を受ける側もイメージや間取りの希望がはっきりしないと何をおすすめして良いのかに困りプランもなかなか決まっていきません。
●休日にはモデルハウスやショールームへ出かけてみよう
雑誌等でみてスクラップを作っておくのはイメージが伝えやすくとても便利です。
そして見ているうちに最初はあれもこれもいいなぁと思っていても自分の好みがだんだん分かってくるものです。
さらに友人宅やモデルハウスやショールームで実際の感じを体感してみましょう。
この部屋の天井の高さは何センチかな?この廊下の幅は何センチかな?とスケールを持ち歩いて計測してみるのです。
●家に使われる資材を知る
現在は窓や床材・設備機器等の種類やデザインは豊富にあり知るほど何にしようか迷ってしまうかもしれませんが、窓のデザインでおしゃれ感がUPしたり使い勝手がよくなったりもします。
そしてカタログを見てみると価格のことも分かってきます。
予算があっての家造りですから高価な物ばかり選んでしまうと予算オーバーにもなりかねません。
ですから必要な機能やこだわりたい部分が分かってくる事は予算内でもやりくり上手にもなるという事です。

このようなことは面倒だなと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ご自分で調べきれない場合は、どんどん専門家に相談すればよいのです。
そして、ひとつひとつマイホーム像が分かってくるのを楽しみましょう。
考えた分だけ、きっと暮らしやすく素敵な家が出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です