今まで、マンションに住んでおり、築年数も15年と結構年期の入ったマンションだったので不便に感じるところも多々ありました。
例えば収納です。
部屋は結構広かったのですが、クローゼットが小さく、収納も少なかったため物の置き場に困りました。

クローゼットの中に納まりきらず、部屋の片隅に置いてある荷物もたくさんあって、とても気になっていました。
なので、注文住宅を建てる際は、収納がたくさんあるおうちにしたいなと思っていました。

土地自体はあまり広くなく、それに見合う家になったので、家の広さもそれなりです。
ですが、収納が結構多いので荷物がクローゼットや収納庫の中に入り、部屋の中は割とスッキリしています。

私の性格上、すぐに散らかってしまうのですが、今のところきれいに保っているつもりです。

友達が遊びに来て、家の中を見てもらうと、「収納が多くていいね」と言われます。
例えば、玄関入ってすぐ右側にシューズクロークを作りました。
これは土足でも置けて、外で使う洗車セットやお庭のお手入れグッズ、傘、今は子どもの自転車も置いてあります。
とても便利でさっとしまえるので、作ってよかったです。

それから、和室にも全面収納を作りました。
リビングにあまり収納スペースがないので、隣の和室にはたっぷり作りたくて、全面、上の方まで収納にしました。
来客用の布団や、子どもの使っていないおもちゃ、幼稚園グッズ、着替えなどを置いています。
こちらもさっと使えて非常に助かっています。
ドアを閉めてしまえば、スッキリです。

そして、階段下には大き目の納戸を作りました。
季節物の家電や掃除機、工具、買い置きしたおむつやトイレットペーパーなどが置いてあります。
たっぷり収納できるので、気に入っています。

段が調整できるようにしてもらったので、しまいたいものの大きさに合わせて調節できるのもよかったです。

物が増えすぎないように気を付けないといけませんが、収納が多いととっても助かりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です